水草観察日記 miniaqua

小型水槽についての日記

20cm水槽 119日目

f:id:fufurino:20190402224551j:plain

f:id:fufurino:20190402224613j:plain

真ん中に何もないので、少し物足りないですが、
メンテしやすくする為に流木を撤去しています。

こちらもオキシドール散布と
点灯時間を減らしたら
ミリオフィラムとヘアーグラスの糸状藻も
大分無くなりましたね。

照明の位置を少し上にして
現在9時間点灯にしてますが
今の所糸状藻は復活してないです。
照明はルーメンの数値が高く明るい方がいい、
みたいに思われがちですが、
多少暗くてもコケが出ない方が
水景は全然いいですね。

オキシドール+点灯時間の減少で、糸状藻も減少

f:id:fufurino:20190330202038j:plain

f:id:fufurino:20190330202139j:plain

12時間→8時間へ点灯時間の調整は
思った以上に効果がありましたね。
2日ぐらいでも、目に見えての効果がある。
(ついでにアオコみたいなコケも出なく成った)
イメージ通りのカイゼンで、
長期完全消灯しないで水草を保ちつつ、
糸状藻を減らす事に成功しましたね。
20cm水槽も同様に糸状藻が減ってます。

以前はZENSUIの照明で12時間でも
糸状藻が出なかったのですが、
その時の環境は、照明を吊るして
水面から離れていたので、
コケも発生しづらかったのかと思います。
今回は照明がリフトのみで水面にやや近いので、
光量も多いのでしょう。

オキシドールに関しては
3mlを200mlの飼育水で
薄めたものを、20ccスポイトで
1〜2噴射ぐらいでしたら
水草もほぼダメージを受けませんね。

最悪リセットか消灯を考えましたが
なんとか成って良かった。  

糸状藻の原因を考える

f:id:fufurino:20190321201806j:plain

オキシドールを使うと
糸状藻の増殖は抑えられるのですが
エビの食べ残しもあって、完全に溶ける事は無い様ですね。
12日以上試してみましたがエビ次第です。

あと薄めて散布しても
水草が調子を落とす事があるので
コントロールが難しい。
他に原因があると結局増えてしまうので
方法をちょっと変えてみます。
とりあえずロタラベトナムはトリミング。

f:id:fufurino:20190321201520j:plain

以前は糸状藻は発生しなかったのですが
20cmの水槽も糸状藻が一部発生して
液肥以外の原因は何かと考えると
糸状藻が出なかった時との違いは、
照明の高さなんですよね。

カメラのシャッタースピードで、明るさは計れるので
(シャッタースピードが早い程明るい)
30cmのLEDの明るさと、同じぐらいの明るさに成るように
20cm水槽の照明を下げたのですが、
そこからじわじわと糸状藻が増えた感があります。

水草によって1日に受けれる
光の量が決まってるとかかな。
30cm水槽も立ち上げてから15日の間
糸状藻も出なかったのですけどね。
3大要素の液肥が残ってるとも思えない。

20cmの方は、高さを戻して、
30cmの方は高さを調整出来ないので
照明時間の長さを12h → 8h
に減らしてみようかと思います。

水槽データ 20cm水槽 102日目

f:id:fufurino:20190316185259j:plain

f:id:fufurino:20190316185349j:plain

今回水草一番サンドを使用しましたが、
鉄分が豊富にあるようで、水草が赤く成りやすかった。
唯一の失敗は三大要素の液肥を使用して
しまった所です。(糸状藻が発生してしまった)

20cmはやや狭く思えて来たので
次はもう少し大きい水槽の方がいいですね。

* 水槽データ

水槽:Do!aqua W20×D20×H20 (ちいさな水辺セット)
照明:市販LED電球  (810lm 1灯)
点灯時間:12時間 (7:00〜19:00)
フィルター:無し
エアレーション:有り (15:00〜6:00 )
水換え:ほぼ毎日 1/5 1L
CO2:GEX きれいな水草を育てる 水草CO2ブロック (バケツに1日入れて1L水換え)
その他:テトラ pH/KHマイナス (7:00に 1ml、18:30に 0.5ml添加)
底床:水草一番サンド
肥料:カリウム 0.15ml 2〜3日に1回 薄めて添加
pH:5.5〜6.5 

* 生態

ディープレッドホタルテトラ 3匹
オトシン・ネグロ 1匹
ミナミヌマエビ 4匹

水草

ショートヘアーグラス
ロタラ・ワリッキー
ロタラ・ロトンディフォリア
ミリオフィラム・マトグロッセンセ

オキシドール 7日添加しての感想

f:id:fufurino:20190314190200j:plain

薬品なので、生体に影響があるのかと
思いましたが、今の所☆に成った生体は居ませんね。
現在添加してる量は、

20cm水槽 = 毎日2〜2.8ml(最大)
30cm水槽 = 毎日3〜3.8ml(最大)

という感じで、コップに薄めて添加してます。
糸状藻は添加し始めて4日目辺りで、
熱湯をかけたのと同じ様な状態になります。

f:id:fufurino:20190314190456j:plain

トリミングした方が藻の除去も早いのですが、 オキシドール検証の為そのまま

流木の糸状藻に熱湯かけると
白くなって数日経過後にエビが食べ尽くすのですが
その状態と似てる。藻が無くなるのもエビ次第といった感じですね。

コップに3〜4ml薄めたものを5回集中して散布した部分は
水草も活力落としてるので、
薄めた物でもスポイトでの直接散布は
2回ぐらいに留めた方がいいです。

糸状藻に効果有りですが
まだ完全には消えてないので、
もう少し時間をかければ
エビがさらに除去すると思います。

オキシドールで糸状藻を霧散

f:id:fufurino:20190308173557j:plain

「こいつは酷い、一体誰がこんなことを……」
原因は三大要素の液肥を追加した自分なのですが、
糸状藻が出てしまいましたね。
20キューブのマトグロッセンセ、ヘアーグラスにも一部発生してしまい。
液肥添加するまでは、水草につく事なんて
全くありませんでした。

糸状藻はヤバさ加減で言えば、
黒ひげの次にヤバい藻類だと思います。
蔓延すると遮光心とリセット心が
芽生える手強い藻です。
ガラスの端っこや流木に付く事が多いですね。
元気な水草にはほぼ付きません。

遮光してミナミヌマエビに食べてもらうのが
短期間でほぼ確実に減らせるのですが、
なるべく水景をキープした状態で
糸状藻を取り除きたいので、オキシドール
今回は試してみたいと思います。

オキシドール

こちらがオキシドールです。
ドラッグストアで100円でした(100ml)。
エタノールの物もあるのですが、
リン酸タイプを今回使用。

f:id:fufurino:20190308174112j:plain

そのまま原液を入れても効果があるようですが
フィルターレス水槽なので
飼育水を薄めて、大きいスポイトで
水草に散布します。写真のは小さいスポイトです。
徐々に量を増やして行くようで、10Lですと
最大で約5mlの添加が可能みたいですね。
1日目は1ml、2〜3目は2ml、
4日目〜20日は3mlと添加してみたいと思います。

f:id:fufurino:20190308174605j:plain

とりあえず1mlを飼育水で薄めて添加しましたが、
使用感はメネデールと似てますね。
ミナミヌマエビも特に問題は無いようです。 (今の所ですが……)
あと気泡がよく出ますね。
水と酸素に分解されるみたいで、
その影響だと思います。
効果が出るまでは時間がかかるらしく
20日後ぐらいなら、ハッキリと違いが出ると思います。
とりあえず毎日添加ですね。

三大要素の液肥は添加しない方がいい

f:id:fufurino:20190307101639j:plain

20日間、週2回の頻度で、
薄めた三大要素の入った液肥
添加していたのですが、
短い糸状の藻が増えてしまいますね。

マトグロッセンセの一部の葉も
以前よりつくように成った。
ワリッキーとロトンディフォリアには
付かないのですが(なんでだろう)。

カリウムのみの時は
こんな事も無かったので
水草一番サンドの場合は
三大要素の栄養は、
根からの供給で十分という事ですね。