水草観察日記 miniaqua

小型水槽についての日記

水草は液肥低濃度の方が育つ?

f:id:fufurino:20191127212327j:plain

毎日薄めた液肥を添加していたのですが、
どうも毎日添加しない方が、
育ちやすいっぽいんですよね。
フィルターレス環境なので
水中の成分濃度が高めに成りやすいのだと思います。

かと言って窒素添加しないと
下の葉が枯れてきたりするので
より薄く添加するか、
水換えをして濃度を下げるかが
必要なのかもしれません。

現在液肥は2〜3日に1回添加にしてます。
ブライティニトロ、ブライティK、ブライティアイアン
の3つの液肥を、どの頻度で添加するか
ちょっと悩んでしまいますね。

f:id:fufurino:20191127212502j:plain

少し伸びてきたので、
左の水草のトリミングと
差し戻しをしました。

立ち上げから約1週間

f:id:fufurino:20191108124726j:plain

午前のこの時間帯は、日差しが入るので
幻想的な水景に成るんですよね。
少しぐらいなら、藻類も特に出ない。

f:id:fufurino:20191108124829j:plain

パワーサンドの効果については
そこまで栄養分が溶けて無いようで
(量が少なかったのもあるかもしれませんが)
一部ワヤナードの下の葉が調子を落としてしまい、
現在は、アクアフローラを右端に1コ埋めて、
ニトロも毎日約0.2〜0.3ml添加するようにしてます。
水草の量が多いので、栄養の供給が
間に合ってないみたいですね。

f:id:fufurino:20191108124955j:plain

f:id:fufurino:20191108125045j:plain

ストック水槽の方は、液肥が効いてる様で
新しい栄養系ソイルを使った時と、
同じぐらい水草は良く育ってます。

f:id:fufurino:20191108125154j:plain

ロトンディフォリアとワヤナードは
黄色〜ピンクに成るはずですが、
もっと上の方にまで伸びないと
光量の関係で色は出ないかもしれないですね。
なのでこちらは、もう少し伸ばしてみたいと思います。

20cm 水槽をリセット

f:id:fufurino:20191030193943j:plain

水草一番サンドは、2〜3ヶ月ぐらいなら、
ほぼ追肥をしなくても綺麗に水草は育つので、
今回は吸着系ソイルの プラチナソイル + 液肥
という構成です。前景にはグロッソスティグマですね。

パワーサンド

それと一番下には、パワーサンドベーシックを仕込みました。
20cm水槽なので、量は袋の1/3ぐらい。
5日経過してますが、今の所白濁も起きてないです。(ソイルが吸着してる?)
ストック水槽が液肥だけでも水草は育ってるので、無くても育ちそうですが、
どうせやるなら、という感じですね。
今回は、300日ぐらいの管理を目標にしてみたいと思います。

足りない何か、それは窒素(Nitrogen)だった

f:id:fufurino:20191028205530j:plain

比較的栄養素の多い水草1番サンドでも、
ロタラが密集してる場所では、2ヶ月ぐらいすると
成長が止まったり、下の葉が徐々に枯れて行ったりして、
テトライニシャルスティックも入れてるのに
何故調子を落とすのだろうと、思って居たのですが
どうも窒素不足が主な原因だった様です。

テトライニシャルスティックは、
成分の殆どがカリウムなんですよね。
現在はADAの グリーンブライティニトロ (窒素しか入ってない液肥)
を週2回の1/3の水換えの水に混ぜる、
という方法で追肥してますが、窒素追肥してからは安定してますね。

f:id:fufurino:20191028205801j:plain

f:id:fufurino:20191030122524j:plain

葉の大きさも窒素を添加してからは、
大きく成長してるのと、葉の張りが無い時よりも断然良い。
(赤いロタラ・マクランドラと、右上のロタラ・ワヤナードは
組織培養の物を一昨日入れたばかりの物)

ストック水槽は、低床ソイルのみで250日経過してるのですが、
これでソイルに栄養が無くなっても
水草が綺麗な状態で、長期維持が出来そうです。

どうやら液肥だけでも育つ

f:id:fufurino:20190902193540j:plain

f:id:fufurino:20190902193607j:plain

ヘアーグラスがラプラタサンドの所まで
ランナーを出してますが、水中の液肥だけでも育つみたいです。
CO2もあるので、現在液肥は毎日添加してます。
それでもガラス面に藻が付かないので、
もう少し液肥の量を増やしても問題無さそうですね。

好調だった時のロトンディフォリアと比べると
葉が大分小さいので、これは光量の関係かもしれませんね。
(好調時は12時間点灯だった)
現在は8時間なので、ちょっと10時間に戻してみようかと思います。

液肥だけで育つのか

f:id:fufurino:20190816144836j:plain

f:id:fufurino:20190816144957j:plain

f:id:fufurino:20190816145058j:plain

活力を失っていた葉を切って
挿し戻しして、しばらく経過しました。

テトラCO2プラスを入れてからは、
全然成長も早いので、肥料の消費も
その分早く成ってる感がある。
CO2機器が無い人に良いですね。
以前水草が育っていた、という水槽なら
ちゃんと効果があると思います。

液肥に関しては、ほぼ毎日多めに添加しても
ガラス面に藻類が付かないので、
新規ソイルの栄養分が如何に多いかが分かります。
セット1〜90日は、ガラス面に藻類が出るので。
ちなみにこちらの使い回しソイルは250日経過です。
液肥の肥料だけで育ててる感じですね。

100日以上の水槽の管理は、
また違った難しさがありますね。

テトラCO2プラスの感想

f:id:fufurino:20190810145810j:plain

CO2無しでしばらく管理していたのですが
水草の成長は相当遅いですね。
30日で約2〜3cmなので、
ロタラが水面まで伸びるのに
6ヶ月はかかりそうな勢いです。

特にリスのしっぽとロタラベトナムに至っては
ロタラよりも成長が遅い。
水道水のCO2濃度では
殆ど育たない水草もある、という事ですね。

そして今回はCO2タブレットではなく、
液体のテトラCO2プラスを試してみました。
微生物の分解によりCO2が発生するらしいですが、
ホントなのか、と思いつつ
1週間に2回、1mlづつの添加です。

f:id:fufurino:20190810150030j:plain

f:id:fufurino:20190810150052j:plain

液肥を使っても、10日ではここまで早く伸びなかったので
ちゃんとCO2が供給されてる様ですね。
水道水のみの時よりかは、明らかに短期間で成長します。
早さ的にはCO2タブレット使用時と同じぐらい早い。
半分死んでた感じのリスのしっぽについては

f:id:fufurino:20190810150433j:plain

このように復活してくれました。
後はある程度伸びたら、挿し戻しで
綺麗な部分だけの見た目にする予定です。

あまり期待してなかったのですが、
CO2タブレットで作っていたCO2水と
同じぐらいの効果があります。
やっぱ水草にCO2はあった方が良いですね。